TBM、温室効果ガス排出量を可視化する クラウドサービス「ScopeX」の正式版を提供開始

プレスリリース

  • ScopeX

弊社は、CO2を含む温室効果ガス(GHG)排出量を可視化するクラウドサービス「ScopeX(スコープエックス)」(正式版)の提供を開始しました。ScopeXは、今年の2月にβ版をローンチ以降、サービスの導入企業数やGHG排出量の削減施策パートナー数を伸ばしてきました。また、北九州市が主催するスタートアップ支援プログラム「KITAKYUSHU SDGs STARTUP ECOSYSTEM PROJECT」にも採択されています。

プレスリリースはこちら>>
ScopeXサービスサイトはこちら>>