リサイクルプラント運営

近赤外線を用いた選別技術で、回収したLIMEX と汎用プラスチックを自動選別し、再生利用する世界初のプラントを運営しています。2022年11月竣工の横須賀工場は国内最大級の規模を有し、同様の工場を国内外に展開予定。脱炭素社会、循環型社会に向けてマテリアルリサイクルを通じた資源循環モデルを推進します。

横須賀工場

敷地面積
13,693㎡
建物床面積
7,859㎡
引受量
年40,000t
生産量
年24,000t
所在地
神奈川県横須賀市神明町58-9

LIMEX と汎用プラスチックを自動選別し、再生利用する世界初のプラント

海外の大手選別機メーカーと連携し、近赤外線による素材検知・選別の検証を進め、
プラスチックや紙などの他素材から LIMEX のみを自動選別する独自のプログラムを開発しました。

プラスチックのリサイクルプラントとして国内最大級

本工場が備える年間約4万トンの処理能力、年間約2万4000トンの再生ペレットの生産能力は、
プラスチックのリサイクルプラントとしては国内最大級の規模です。

家庭由来の容器包装プラと製品プラの一括回収、再生に先駆的に着手

プラ新法が施行され、家庭から出る廃プラスチック全般を一括回収する新たな分別区分
「プラスチック資源」に対応したリサイクルのシステムが求められる中、
本工場では、家庭から排出される雑多な廃プラスチックを選別、再生することが可能です。

焼却処理されてきた雑多な事業系の廃プラスチックを再生する先進性

自動選別ラインの導入により、これまで焼却処理されていたオフィスや工場などから排出される
雑多な事業系の廃プラスチックなども積極的に受け入れ、再生することが可能となります。

横須賀工場では、「横須賀市ゼロカーボンシティ」を宣言している横須賀市と連携し、
使用済みのLIMEXや廃プラスチックのマテリアルリサイクルする実証実験を進めています。

横須賀市との連携についてはこちら

今後の展望

MaaRとCirculeXとの連携

MaaR(マール)は資源循環のプラットフォームを構築するサービスです。資源循環のループを構成する使用→回収→選別→再生→製品化の過程、または核心となる部分を、TBM社内に持つ技術とノウハウ、さらに社外に広がる豊富なネットワークによって構築し、資源循環のオープンイノベーションを促します。当社リサイクルプラントは、MaaRの中核的機能を担うほか、使用済みのプラスチックやLIMEXを50%以上含む再生素材「CirculeX(サーキュレックス)」の製造工場としても機能します。

モデルケースとして国内外へ横展開

家庭から排出される使用済LIMEXと汎用プラスチックを一括回収し、工場内で自動選別してそれぞれ再生ペレットを製造する横須賀工場をモデルケースとして、廃プラスチックの処理を焼却・熱回収に頼る国内各エリアに拡大していきます。また、家庭におけるプラスチック分別の仕組みが未発達な海外エリアに対しても、リサイクルシステム構築の解決策として本スキームを展開していく計画です。

関連情報