脱炭素経営を支える
GHG 削減
プラットフォーム

ScopeX

脱炭素社会は、
実現できる。

気候変動は、今や企業価値を左右する
重要な経営アジェンダであり、
脱炭素社会の実現に挑戦する企業は、
新たな経営の舵取りとして
サプライチェーン全体で排出される
温室効果ガス排出量を
把握しなければなりません。

こんなお悩みを抱えていませんか?

データ収集と分析に
時間がかかりすぎる

環境データが一元管理されていないため、温室効果ガスがグループ全体や事業プロセス全体のどこでどの程度排出されているか、全容がつかめない…

サプライチェーン全体の
把握ができない

取引先や子会社に温室効果ガス排出量の計算を依頼するも、対応できる体制が整っていないため、サプライチェーン全ての排出量を把握できない…

温室効果ガス算定ができる
専門人材がいない

環境関連データの収集から算出プロセスまで理解して実行できる人材が社内にいない。外部に委託すると、高額な費用がかかる上、社内に知見が蓄積できない…

温室効果ガス削減施策の
よし悪しが判断できない

温室効果ガス削減施策やその定量的な効果を知りたいが、 情報が一元化されているプラットフォームが存在せず、 どの施策が良いのか分からない…

ScopeXなら
温室効果ガスの可視化から削減までを
トータルでサポート。

ScopeX をご利用いただくことで、
企業活動を通じた
CO2などの温室効果ガス排出量を
可視化できます。
直接排出(Scope1)と間接排出(Scope2)、
その他のバリューチェーンでの
排出(Scope3)にかかる
企業活動のデータを入力いただくことで、
会社全体の排出量に加えて、活動の種類ごと、
拠点ごとの分析や比較ができます。

01

温室効果ガスの全容が 分かるダッシュボード

Scope別の排出量はもちろんのこと、拠点別や時期別の内訳も可視化します。

02

専門知識が無くても
操作しやすい画面設計

企業活動のデータを直感的に入力いただけます。

03

温室効果ガス削減施策 の導入サポート

温室効果ガス削減方法を模索している企業、そのソリューションを持ち合わせている企業のマッチングができます。

サービスフロー

01
環境データ入力

keyboard_arrow_right

02
温室効果ガス可視化

keyboard_arrow_right

03
削減施策提案

keyboard_arrow_right

04
削減施策の導入サポート

keyboard_arrow_right

05
レポート出力(開発中)

料金体制

それぞれのニーズに合わせた料金体制をご提供
算定に必要な機能を中心にお選び頂けます

STARTER
スターター

  • Scope1,2算定

  • Scope3算定

  • 削減施策提案

  • カーボンクレジット購入

  • レポート出力(開発中)

  • サプライヤーデータ連携

初めての算定に
おすすめ

BASIC
ベーシック

  • Scope1,2算定

  • Scope3算定

  • 削減施策提案

  • カーボンクレジット購入

  • レポート出力(開発中)

  • サプライヤーデータ連携

サプライヤー登録
会計システム連携

ENTERPRISE
エンタープライズ

  • Scope1,2算定

  • Scope3算定

  • 削減施策提案

  • カーボンクレジット購入

  • レポート出力(開発中)

  • サプライヤーデータ連携

「サステナビリティ革命」を起こす。

Times Bridge Management の頭文字を取った TBM は、
何百年も挑戦 し続ける、時代の架け橋となる会社として、
「サステナビリティ革命」 の実現を目指します。