石井食品とTBM、環境負荷軽減に向けた基本合意を締結、新素材LIMEXの食品包装(軟包材)開発を共同で取り組む

プレスリリース

  • TBM

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長執行役員:石井智康、以下石井食品)と、石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発・製造・販売する株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 山﨑敦義、以下TBM)は、共同研究開発を行い、環境負荷軽減を目指し、LIMEXの新たな用途開発に向けた基本合意を締結しました。本基本合意に基づき両社は、石井食品の主力商品である「おべんとクン ミートボール」をはじめとしたおべんとクンシリーズや「チキンハンバーグ」などの食品包装(軟包材)を、2021年までにLIMEX製に切り替える他、おせちのトレーなどにLIMEXを活用し、食品業界における環境負荷削減を推進してまいります。
(※)石井食品での製造過程においては食品添加物を使用しておりません
プレスリリースはこちら >>