TBM、2019年度CDPで「B」ランクに認定

お知らせ

  • TBM

TBMは、最も信頼のあるESG評価イニシアチブの1つであるCDP 2019において「気候変動」「水セキュリティ」で「B」スコアを獲得しました。CDPの質問票への回答を投資家から要請されるのは、日本では大手企業500社が中心ですが、 TBMは、サステナビリティを事業の核に据える企業として、2017年からCDPの質問票に自主回答を続けています。「気候変動」と「水セキュリィ」は当社の事業戦略と行動にとって重要な問題であるため、CDPアンケートへの回答を通じて外部評価を受け、事業を改善して参ります。詳細はこちら >>