TBM、自社製造拠点で使用する電力を100%再生可能エネルギーへ転換

プレスリリース

  • TBM
  • 白石工場
  • 多賀城工場

弊社は、自社製造拠点である宮城県の多賀城工場を実質100%の再生可能エネルギーへ転換したことをお知らせいたします。2021年12月1日より、国内第二プラントである多賀城工場で使用する電力を実質「100%再生可能エネルギー」「CO2排出係数ゼロ」の電力に切り替えたことにより、TBMが保有する自社製造拠点での使用電力は全て再生可能エネルギーとなりました。本転換により、多賀城工場の操業に伴うエネルギー起源のCO2などの温室効果ガス(GHG)の間接排出(Scope 2)をCO2換算で年間約1,346トン削減します。(2020年12月~2021年11月実績に基づく)今後TBMは、自社の操業によるGHG排出ゼロを目指すと共に、LIMEX Sheet及びLIMEX Pelletの導入企業のサプライチェーンにおけるCO2排出量(Scope 3)の削減にも貢献してまいります。
プレスリリースはこちら>>