TBM、CO2を含む温室効果ガス排出量を可視化するクラウドサービス「ScopeX」を発表

プレスリリース

  • ScopeX

弊社は、温室効果ガス(GHG)排出量を可視化するクラウドサービス「ScopeX(スコープエックス)」のβ版の提供を開始したことをお知らせします。ScopeXを使用することで、原材料調達、製造、物流、廃棄等、一連の事業活動から発生するGHG排出量を把握し、優先的に削減すべき対象を特定することができます。専門知識が無くても直感的に入力できる優れたユーザーインターフェースとなっており、複数拠点の環境関連データを一元管理できるため、担当者の作業工数を軽減することが可能です。今後、TBMをご支援いただいているパートナー含む導入先のユーザーに対して、GHG排出量削減の為のソリューションを本サービス上でマッチングしていく機能を拡充していきます。
プレスリリースはこちら>>