TBM、横浜開港祭にサステナビリティパートナーとして参加。飲食用カップやスタンプラリーシートにLIMEXが採用

お知らせ

  • TBM

横浜の開港記念日である6月2日に毎年開催され、2022年度で41回目を迎える「横浜開港祭」に、主催である横浜青年会議所のサステナビリティパートナーとしてTBMが参加します。当日の会場で使用される「飲食用カップ」と「スタンプラリーシート」に、TBMが開発する石灰石を主原料とした新素材LIMEXが採用。会場のエコステーションなどにスタンプラリーシート専用の回収ボックスとカップ専用の回収ホルダーも設置され、どちらも会場で回収された後、今秋に横須賀市で竣工およびTBMが運営開始予定のリサイクルプラントで再資源化を予定しています。また、会場内にてLIMEXの展示ブースも展開し、さまざまなLIMEX製品を手に取っていただける機会を提供します。今後も、イベントなどで使用されるアイテムをLIMEX製品にすることで環境負荷を軽減し、さらに回収と再資源化によるマテリアルリサイクルをすることで、新しい資源循環の取り組みを拡大し、市民が体験・参加できるゼロカーボンやSDGsの取り組みを推進していきます。
会場の様子をTBM公式Twitter(@LIMEX_TBM)から発信します>>