LIMEX ACTION
LIMEXサイト

SPECIAL STORY

LIMEXに携わる人の思いを伝えます。

CSRの取り組みへの思い 代表取締役社長山崎敦義

LIMEX ACTIONのページをご覧になって頂き、誠に有難うございます。この度私たちは、社会貢献活動のひとつとして、水、木、石油の地球資源問題に貢献する数値を可視化し、LIMEXをご採用頂いた方々のご紹介、また、社員が地球資源問題に立ち向かう日々の想いやLIMEX製品の開発に懸ける想いを発信していく、LIMEX ACTIONを始めることに致しました。

経済活動を取り巻く背景に、常に環境との対峙が求められる今、私たちが使用している紙の世界の消費量は、2030年に現在の2 倍になると予測されています。一方、 2050年には世界人口の40%が深刻な水ストレスに直面し、また100年後には、世界の主要な森林が消失するといわれています。普段、この日本で暮らしているとあまり実感しないかもしれませんが、実は地球の水と木の資源問題は、加速的に進行しているのです。

世界のあらゆるところにほぼ無尽蔵に存在している石灰石が主原料のLIMEXを使用すれば、水と木を使用せずに、紙がつくれます。日本でも石灰石の自給率は100%です。世界人口増加によって深刻化する水資源の環境問題に、多大な貢献が可能です。1箱の名刺(100枚)で10リットルの水資源に貢献ができます。また、LIMEXは、石油由来原料を削減してプラスチック代替品の製造が可能です。 安価な石灰石を用いることから、コスト競争力を有しており、 エコロジーとエコノミーの両立が実現可能になっていきます。世界各国が有効な環境保全策を探し求めている昨今、日本の技術で生まれたLIMEXは、世界の資源問題に貢献する大きな可能性を秘めております。

もちろん、産声をあげたばかりのLIMEXの製品にはまだまだ改良すべき課題点もあります。けれど、この先、皆様の支援により紙やプラスチックなど多くの製品がLIMEXに変わることで、守れるものがたくさんあると私たちTBMは信じています。決してたやすい道のりではありませんが、私たちは諦めずに大きな理想へ挑み続けます。

私たちは、企業のCSR担当の方々をはじめ、多くの企業、団体、個人のみなさま共に、このLIMEX ACTIONを通じて地球環境問題を解決していく、その架け橋になることを心から願っております。どうか社員一同絶えまぬ挑戦をして参りますので、応援の程、宜しくお願いします。