LIMEX

環境方針

TBMは、「進みたい未来へ、橋を架ける」というミッション、「過去を活かして未来を創る。100年後でも持続可能な循環型イノベーション。」というビジョンを掲げています。この企業理念を実現し、持続可能な社会と豊かな自然環境を将来世代へと引き継いでいくため、TBMは、バリューチェーン上の環境負荷ネットゼロと、事業を通じた環境・社会課題の解決に挑戦し続けます。

  1. 1. コンプライアンス遵守と継続的改善
  2. 環境関連法の全面遵守はもとより、自主基準を制定し予防原則に則って汚染や公害を予防します。本方針を社員一人ひとりに周知し、社会の期待を先取りした高い目標の設定とその進捗管理の徹底、そして継続的改善に努めます。
  1. 2. ライフサイクル思考に基づく環境技術開発
  2. ライフサイクルを強く意識して技術・製品・サービスの開発を行い、調達・生産・販売・物流・使用・リサイクル・廃棄などのすべての段階における環境負荷の低減を目指します。価値観・仕組み・技術の3つの視点で意義のあるイノベーションを実現し、お客様の喜びと新しいアタリマエを創出します。
  1. 3. 重点課題への取り組み
  2. 環境課題の中でも下記の重点課題に積極的に取り組みます。
    1. a. 気候変動対策
    2. 人為的気候変動がもたらす影響を強く認識し、気候変動の緩和を推進するため、省エネルギー化や再生可能エネルギーへの積極的な転換などによって自社およびそのバリューチェーンから排出される温室効果ガスを抑制し、炭素除去技術の開発・普及などを通じてカーボン・ネガティブを目指します。また、気候変動への適応の観点から、リスクの評価や回避・低減にも積極的に取り組みます。
    1. b. 資源枯渇対策・循環型経済の形成
    2. 資源の有限性・重要性を強く認識し、資源の徹底した管理を通じてその生涯価値の最大化・有効利用に努め、廃棄物の発生ゼロを目指します。
    1. c. 水資源の保全
    2. 水の有限性・重要性を強く認識し、取水源や使用・排出状況などの管理や節水・循環利用を図ります。大雨や洪水などの予期せぬ事象も踏まえた設備設計や対応方針策定を行います。
    1. d. 生態系の保全
    2. 陸上や海洋の生態系や生物多様性の価値を強く認識し、その保全に取り組みます。特に、原材料調達、生物資源の利用、生産・加工、販売、研究開発、輸送、土地利用・開発事業、投資、そして保有地の管理を通じてこれに取り組みます。
  1. 4. 情報開示とステークホルダーとの協働
  2. この環境方針はもとより、その他の環境に関する情報を分かりやすくまとめ、広く公開します。また、ステークホルダーとの協働によって、地球環境の保全を推進します。
    1. a. サプライヤー・取引先
    2. 物品やサービスの購入および契約締結にあたっては、環境負荷が少なく、高い環境性能を有するものを選択します。サプライヤーや取引先において環境保全活動が推進されるよう働きかけ、共に環境に配慮したバリューチェーンの構築に取り組みます。
    1. b. 地域住民・自治体
    2. 事業所の周辺地域の住民や自治体と共に環境保全に取り組みます。
    1. c. 政府
    2. 環境保全政策に積極的に協力します。
    1. d. アカデミア・NGO・NPO
    2. 環境保全に関する研究や社会的な潮流の強化、草の根の活動に積極的に協力します。
    1. e. 業界団体・国際イニシアチブ
    2. 関連産業での環境保全活動や国際的な環境保全イニシアチブにも積極的に参加します。

2022年1月14日
代表取締役CEO 山﨑 敦義