従業員参加型の
SDGsアクション
はじめませんか

オフィスの資源循環には、
MaaR for business

About

時代は、循環型の社会へ

ひとりではできないSDGsへの貢献に
従業員みなさんで取り組む。
MaaRは、資源循環を
一括コーディネートします

まずは、
オフィスからはじめよう。

かんたんに実現できる「循環型オフィス」

悩んでいませんか?
SDGsアクション

SDGsアクションにお悩みの企業様にオフィスぐるみの「解決先」をご提案

MaaR for businessは、自ら回収ボックスに入れにいくというワンアクションがあることで、入れた名刺が資源となってアップサイクルされて戻ってくるということを実感できるのではないかと意義を感じました。

01

「ごみ」ではなく「資源」として燃やさずリサイクル

これまで燃やされてしまっていたごみを「資源」として回収して、循環させます。また、従業員のみなさまの日々の行動を通じて、資源循環をより身近なものとして感じ、自分ごと化を促すことに繋がります。

02

従業員参加型の
プログラム

働く一人ひとりの意識と行動をサステナブルに。資源循環BOXを設置するだけ。あとの資源循環はお任せください。さらには、環境教育に役立つ資料も提供します。
MaaR通信のサンプルをみる

03

環境に配慮した
オフィス用品を提供

環境配慮型の素材で作られたオフィス用品などと交換できるチケットを毎月付与。アイテムを使うことでより環境に優しいオフィスへ。

MaaR for businessは、
導入も管理もかんたん!

  • ウェブで1分で申込み完了
  • 専用サイトで資源のお預かりもワンクリック
  • 商品交換もかんたんにサイトから選べて届く

SERVICE

選べるプラン

スタンダード
Standard

10,000円/事業所

  • ● 月1回の資源回収、5㎏まで*
  • ● 環境配慮素材を使用したサステナブルな商品と交換できるチケットを毎月1枚付与
  • ● 従業員の資源循環を促す掲示物の提供
  • ● 従業員の環境意識向上を図る教育資料等の提供
  • ※ 資源循環時の注意点:5kg以内かつ80サイズ(3辺の合計が80cm以内)、指定の種類ごとに梱包

アドバンスド
Advanced

12,500円/事業所

  • ● 月1回の資源回収、20㎏まで*1
  • ● 環境配慮素材を使用したサステナブルな商品と交換できるチケットを毎月1枚付与
  • ● 従業員の資源循環を促す掲示物の提供
  • ● 従業員の環境意識向上を図る教育資料等の提供
  • *1 アドバンスでは、資源循環の回収頻度につき、フレキシブルな対応ができるように月1回の回収を3ヵ月間繰り延べ可能に。年間12回を上限に四半期に一度に回収依頼をかける等の融通を利かせた回収・資源循環が可能となります。
  • ※ 資源循環時の注意点:20kg以内かつ140サイズ(3辺の合計が140cm以内)、指定の種類ごとに梱包

コーディネート
coordination

以下につき
ご相談可能

回収拠点が多い場合、プランをコーディネートして提案させていただきます

  • ● 月1回の資源回収
  • ● 環境配慮素材を使用したサステナブルな商品と交換できるチケットの付与
  • ● 従業員の資源循環を促す掲示物の提供
  • ● 従業員の環境意識向上を図る教育資料等の提供
  • ※ 上記を軸に検討させていただきます。

概要

  • 契約期間:12ヵ月
  • 提供範囲:北海道、沖縄、離島を除く全国
  • 回収できる資源:LIMEX製名刺、LIMEX Sheet製品(冊子等)、
     クリアファイル(LIMEX製含む)、ペットボトルキャップ※順次追加予定
LIMEXとは?

LIMEXは、石灰石を主原料とした日本発の新素材※です。プラスチック・紙の代替品を製造でき、石油や水、森林といった枯渇リスクの高い資源を保全し、地球温暖化を抑制することができます。
※石灰石をはじめとした炭酸カルシウムなどの「無機物を50%以上含む複合素材」です
詳しくは こちら へ。

Customer’s Voice

Pick Up 導入事例

クラシエホールディングス
株式会社様

MaaR for businessは、自ら回収ボックスに入れにいくというワンアクションがあることで、入れた名刺が資源となってアップサイクルされて戻ってくるということを実感できる点につき、魅力を感じました。

MaaR for businessのサービス構築の段階から試験運用含めご協力いただきました。

Concept & Sustainability

サーキュラー・エコノミーの実現にむけて

大量消費・廃棄、それに伴う資源の枯渇や気候変動。
それらが社会に与える影響はとても大きく、サステナビリティに配慮した活動が求められています。

MaaRとは、国内外で問題となっている廃プラスチックの課題に対応し
使用済みのLIMEX製品やプラスチック製品の資源循環をコーディネートするサービスです。

近い将来、日本だけでなく、廃プラスチック問題で困っている
東南アジアや途上国でも資源循環を促進していきます。

日本発のMaaRの循環が、世界中でぐるぐる回り、MaaRが回れば回るほど、地球がよくなっていく。
そんなプラットフォームを目指して、MaaRは誕生しました。

MaaR for business
とは?

MaaR for businessは、その第一歩。
毎日のなにげないアクションによって、これまで
ごみと思っていたモノは、資源となり、回り回って、また新たなモノとして手元にもどってくる。

そんな体験も含めてコーディネートをし
オフィスのサステナブルな活動を促進させる、従業員参加型の資源循環サービスです。

この輪が広がれば広がるほど、より大きく資源も、社会も、回っていく。

やがて大きな資源循環プロジェクトへと成長していき
日本からはじまるグローバル規模のサーキュラー・エコノミーの実現を目指します。

資源を集めておわり、
じゃない。

MaaR for businessが
こだわる、
“マテリアルリサイクル”

分別した
プラスチックの大半は、
燃やされている

日本国内で発生しているプラスチックごみのうち、約6割がサーマルリサイクルされています。サーマルリサイクルとは、ゴミを燃やしてエネルギーを回収することですが、実は欧米ではリサイクルと認められていません。つまり、多くのプラスチックごみが燃やされていて、リサイクルされていないということです。みなさんの分別したごみを、国内でマテリアルリサイクルしていくことが、サステナブルな日本、そして世界に繋がります。

だから 燃やさず、資源に 

MaaR for businessでは、オフィスで使用されたLIMEXやプラスチック製品を再生し、循環させます。これまで燃やされてしまっていたモノを、これからは大切な「資源」として回収し、マテリアルリサイクルを推進していきます。

CONTACT

運営会社について

Times Bridge Management

私たちは、何百年も挑戦し続ける、時代の架け橋となる会社として、
「サステナビリティ革命」の実現を目指しています。

LIMEXなどの環境配慮型の素材開発や資源循環モデルの構築、
マテリアルリサイクルのプラントのプロデュースなど、国内外での事業展開をしています。