LIMEX

ABOUT

LIMEXのプラスチック代替

LIMEXは、石灰石を主原料としており、ポリエチレンやポリプロピレンのフィルムやシート、射出成型品、真空成形品、インフレーション品を代替可能な新素材です。世界中でプラスチックごみが問題視される中、廃棄物による環境汚染への対策としては、以前より3R(リデュース・リユース・リサイクル)が推進されています。LIMEXは、その中でも「リデュース」と「リサイクル」を容易にするものです。

  • リデュース:石油使用料を大きく削減
  • リサイクル:付加価値を加えて再生

「リデュース」の観点からは、石灰石を主原料としている為、プラスチックの使用量を大きく削減することができます。「リサイクル」の観点からは、無機物である石灰石を主原料とすることによるLIMEXのリサイクル性能の高さを活かして、使用済の印刷物(紙代替のLIMEX)やプラスチック代替LIMEX製品から新たな付加価値を加えたプラスチック代替LIMEX製品に生まれ変わらせる「アップサイクル」を行っています。

LIMEXのプラスチック代替製品の特徴

コストを大幅に削減

石灰石は石油に比べて安価なため、高品質なLIMEXのプラスチック代替製品を低コストでつくれます。


企業のイメージアップに貢献

LIMEX由来の容器はリサイクル法に基づくリサイクル委託金の供出義務がなく、さらなるコスト削減を可能にします。


企業のイメージアップに貢献

プラスチック代替製品を導入することで、企業の環境への貢献イメージの向上につながります。

LIMEXの紙代替では、水資源と森林資源、プラスチック代替では石油資源やマイクロプラスチックの問題に貢献しながら、未来を変えるために、それぞれの領域へと市場を広げていきます。

  • 生分解性LIMEX
  • 地球の待ち望む、Bio LIMEX。
  • 現在、使い捨てプラスチックレジ袋を禁止する国が増え、石油由来のプラスチック製使い捨て容器や食器の使用が禁止されるなど、プラスチックを巡る法規制が各国で強化されています。現在のライメックスは、石灰石を主原料に一部のポリオレフィン樹脂から構成されていますが、マイクロプラスチック問題、温暖化対策に貢献すべく、ポリオレフィン樹脂を100%バイオ由来の原料に置き換えたBio LIMEXの普及を推進しています。既にレジ袋やお買いもの袋として商品化。G20大阪サミットのごみ袋として採用されました。