LIMEX

ABOUT

CirculeXとは

CirculeXは、再生材料を50%以上含む素材です。

様々な再生素材とのマッチングが可能な為、
お客様のニーズに合わせた柔軟な素材の開発が可能です。

資源の循環を促進する素材

TBMのVisionである、「過去を活かして未来を創る。100年後でも持続可能なイノベーション。」を体現すべく、無機物を50%以上含む複合素材「LIMEX」の製品や世の中に流通しているプラスチック製品が、適切に再生利用されるよう、資源循環を促進する素材「CirculeX」が誕生しました。

CirculeXが求められる背景

近年、「海洋プラスチックごみによる海洋汚染」「CO排出量の増加による気温上昇」「廃棄物量の増加による最終処分場の不足」などが世界各国で問題視されており、各国政府は、様々な施策を打ち出し、プラスチックを含む廃棄物問題の解決にあたっています。

国際的には、有害廃棄物の定義や輸出入を規定する国際条約「バーゼル条約」の規制対象に汚れたプラスチックごみが加わり、自国内でのリサイクル等による資源循環の必要性が高まっています。

欧州では、欧州委員会が「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」や「EUプラスチック戦略」を発表しており、2025年までに少なくとも1,000万トンの再生プラスチックを利用するという目標を設定し、再生プラスチック市場拡大に向けた需要と供給のマッチングに力を入れています。

日本では、2019年5月末に、循環型社会形成推進基本法に基づき、「プラスチック資源循環戦略」が発表されました。重点戦略として、①3R+Renewable (再生材、バイオマスプラスチック)②廃プラスチック海洋流出の防止(回収を含む)③途上国への対策支援 ④リサイクルインフラ整備などの基盤確立、の4つが示されています。2035年までに使用済プラスチックを100%有効利用することをマイルストーンとしています。

LIMEX (ライメックス)と CirculeX (サーキュレックス)
2つの素材で循環型社会を目指す

枯渇性のリスクがある資源への依存度を抑える「LIMEX」と、資源の循環を促進する「CirculeX」という2つの素材により、貴重な資源を守り、行き場を失っていたプラスチックごみなどの削減に貢献します。

CirculeX概略図

アップサイクルとは・・・サステナブル(持続可能)な「モノづくり」の新たな方法論のひとつ。従来から行われてきたリサイクルとは異なり、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを最終的な目的としています。

TBMが目指す資源循環のかたち

TBMは、使用済みのLIMEXやプラスチックを、再生材料を50%以上含む素材「CirculeX」の原料として、再生利用し続ける資源循環モデルの実現を目指しています。

資源を最大限に活用し、資源の価値を持続的に再生、
再生利用し続けるサーキュラーエコノミー。
わたしたちが進む未来は、ここにあります。

>CirculeXに関するお問い合わせはこちら